新着情報

筑波大学遺伝子実験センター シンポジウム「遺伝子組み換え作物の環境安全性評価における日米比較」開催

筑波大学遺伝子実験センターによるシンポジウム「遺伝子組み換え作物の環境安全性評価における日米比較」が、10月25日に秋葉原ダイビル(東京)にて開催されます。(共催:日本植物細胞分子生物学会、日本植物生理学会、日本育種学会、アメリカ穀物協会)
日米における組み換え作物の利用、環境影響評価について様々な視点からの講演、演者一同によるパネルディスカッションが行われ、今後の環境安全性評価のあり方などについて話し合われます。参加は無料ですが、事前登録が必要です。

日時 2010年10月25日 (月曜日) 13:30 – 16:50
場所 秋葉原ダイビル 5Fカンファレンスフロア
主催 筑波大学遺伝子実験センター 形質転換植物デザイン拠点
共催 日本植物細胞分子生物学会・日本植物生理学会・日本育種学会・アメリカ穀物協会
参加費 無料
プログラム (開会あいさつ)
江面浩(筑波大学)
(趣旨説明)
江面浩(筑波大学)
(講演 [司会 大澤良])
遺伝子組み換え作物の流通と日本の位置-規制と評価を考える素地として
 浜本哲郎 (アメリカ穀物協会)
■米国における遺伝子組み換え作物利用の規制
 佐藤卓 (米国大使館)
遺伝子組み換え作物の第一種使用に関する考え方の日米比較
 與語靖洋 (独立行政法人 農業環境技術研究所)
■遺伝子組み換え作物の環境影響評価
 伊藤元巳 (東京大学)
■企業における遺伝子組み換え作物の開発と安全性評価
 野中聡子 (筑波大学)
■GM作物利用におけるスチュワードシップとは
 下野綾子 (筑波大学)
■今後の規制および評価に向けての考え方
 佐藤忍 (筑波大学)
(パネルディスカッション)
司会:江面浩
パネリスト:浜本哲郎、佐藤卓、與語靖洋、伊藤元巳、大澤良、佐藤忍、野中聡子
(閉会あいさつ)
鎌田博(筑波大学)

日本植物細胞分子生物学会ホームページ(詳細及び申し込み)
http://www.jspcmb.jp/info/100908.html

Pagetop