新着情報

スイス科学アカデミー、スイスの農業における遺伝子組み換え作物の重要性について言及

Swiss Academy of Sciences (スイス科学アカデミー)は、スイスの農業における遺伝子組み換え作物の重要性について言及した報告書「Genetically modified crops and their importance for Swiss agriculture (スイス農業における遺伝子組み換え作物の重要性)」を公表しました。

スイスは現在、食糧自給率は約55%で、国内人口は増加傾向にあり、2060年には900万人に達する見込みとされています。報告書は、スイスの農業について、品質の維持と環境影響の減少を実現しながら生産性の増加を達成する必要があると述べるとともに、「国内の小規模な農業構造でも遺伝子組み換え作物と従来の作物の共存が可能であることが様々な研究報告で示されている」として、遺伝子組み換え作物のような新たな技術を取り入れることの重要性を強調しています。
しかしながら、遺伝子組み換え作物の研究や栽培は、法的制約により現状では困難な状況にあり、スイス農業の発展のためには、以下の3点が重要な課題であるとして挙げています。
・公的機関による植物研究の一層の強化 (例:ヨーロッパで深刻な伝染病害である「火傷病」に耐性のあるリンゴの開発など )
育種方法ではなく製品そのものや品種の特性に焦点を置く承認システム
・非遺伝子組み換え作物との共存栽培に向けて科学的な混入交雑防止措置の模索 (例:緩衝地帯や天然バリアの設定など)

詳細は以下のサイトをご覧ください。

ヨーロッパバイオ、ISAAAによる報告書の紹介記事 (英文):
http://www.europabio.org/news/gm-crops-and-their-importance-swiss-agriculture
http://www.isaaa.org/kc/cropbiotechupdate/article/default.asp?ID=11717

スイス科学アカデミーによる報告書のダウンロード (英文):
http://www.geneticresearch.ch/downloads/Factsheet_GrueneGentechnik_e

Pagetop