GMO Answers

質問

質問者 Morty (アイダホ州、ボイシ)

私は大学院で植物遺伝学バイオテクノロジー育種を学びたいと思っています。 GMOと密接に係る仕事をしたいのですが、どの大学院がお勧めですか?

回答

すばらしい質問です!突然変異育種やマーカー利用選抜、遺伝子組み換え、RNAゲノム編集を含め、バイオテクノロジーを利用した最新の植物育種技術や作物改良技術の学習を希望する学生には、多くの選択肢があります。

カルフォルニア大学デービス校を含め、1862年と1890年に米国モリル・ランドグラント法の適用を受けて設立されたランドグラント大学(土地付与大学)には、作物栽培学や植物育種、植物生物学の分野に、高度な教育プログラムが揃っています。各州には、最低でも一校、ランドグラント大学があり、地域の農業を支援するための研究や普及活動の役割を担っていますので、現代的な作物改良技術を大学院で学ぶのであれば、まずは近くのランドグラント大学をあたってみるのが良いでしょう。

私の所属するカルフォルニア大学デービス校には、生命科学や工学の領域に、農業に関連した修士及び博士過程のプログラムが多数あります。農業バイオテクノロジーに特に興味のある博士課程の学生は、バイオテクノロジー指定重点(DEB)学位プログラムを選択することで、生命倫理や知的財産権、規制関連法規、そして6か月間の企業インターンシップが組まれた起業などの分野を、より深く学ぶことができます。DEBプログラムには、30の異なる専門分野が用意されており、農学や植物生物学に焦点を当てた博士課程プログラムには次のようなものがあります:

Biological Systems Engineering(生物システムエンジニアリング)

Food Science & Technology(食品科学技術)

Horticulture and Agronomy(園芸及び農学)

Integrative Genetics & Genomics(統合遺伝学及びゲノミクス)

Plant Biology(植物生物学)

Plant Pathology(植物病理学)

Soils and Biogeochemistry(土壌及び生物地球化学)

各種の学位プログラムに加え、カルフォルニア大学デービス校には、バイオテクノロジーを利用して作物改良を促進するための、世界一流の研究設備が整っています。ラルフM.パーソンズ基金植物形質転換施設や種子バイオテクノロジーセンターもその一例です。 

米国には、世界的に有名な農業研究大学が数多くあり、現代的な植物育種技術に関する教育を行っています。カルフォルニア大学デービス校の他に、コーネル大学やウィスコンシン大学マディソン校、テキサスA&M大学、パーデュー大学、オレゴン州立大学、ペンシルバニア州立大学、アイオワ州立大学、そして、上位のランドグラント大学などが提供する学士プログラムにも、注目してみてください(QS世界大学ランキング-農学及び林学)。

回答者 デニール・ジャミソン-マクラング博士

回答者

デニール・ジャミソン-マクラング博士

Denneal Jamison-McClung

カリフォルニア大学デービス校、バイオテクノロジー・プログラム部門、副所長

Pagetop