【雄性不稔(ゆうせいふねん)】

雄性器官であるおしべや花粉が授粉機能を失っている現象。品種改良する上で別の株との交配が容易になるため、現在多くの作物で多数の雄性不稔系統が遺伝資源として選抜・保存されている。遺伝子組換えによっておしべが消失した雄性不稔ナタネが実用化されている。