GMO Answers

質問

質問者 SM1791 (米国、カリフォルニア州、サンフランシスコ)

現在、世界の61か国が、遺伝子組み換え食品の表示を行っています。食べて安全な食品だとすれば、なぜそのような注意書きが必要なのでしょうか?

回答

はっきり言って、ある意味、あなたはご自身の質問に答えを出されています。 米国では、バイテク食品は食べても安全なため、表示義務はありません。米国の食品医薬品局FDA)は、食品表示が適正に行われ、誤解を招くことがないようにしています。 実際のところ、バイオテクノロジーを使って作られた食品は食べても安全であるため、注意を喚起するような表示をFDAは認めていません。 (FDAには「遺伝子組み換え植物から作られた食品」の安全性の評価についての情報があります) 1997年以降、私たちが行った調査によると、米国民のほとんどは、一貫して、バイオテクノロジーを使って作られた食品の表示に関するFDAの方針を支持していることがわかります。 FDAの方針では、遺伝子組み換えによって、従来の食品にはない形質が導入される場合にのみ、特別な表示が求められます。 そのような場合には、食品がバイオテクノロジーを使って作られたどうかの表示ではなく、食品に付加的なタンパク質や栄養素、未知のアレルゲンが存在することを表示しなければならないのです。 FDAの方針は、食品が作られるプロセスではなく、食品についての事実がラベルに記載されることを求めており、また、食品の生産にバイオテクノロジーが使われていないという謳い文句が、非バイテク食品の方が安全であるとか優れている、というような間違った印象を与えることのないよう求めています。 要するに、従来の栽培法であれ、バイオテクノロジーを使った方法であれ、オーガニック栽培であれ、作られる方法に関わりなく、すべての食品は、FDAやUSDAの安全基準を満たさなければならないのです。

回答者 デービッド・B・シュミット

回答者

デービッド・B・シュミット

David B. Schmidt

国際食品情報協議会(IFIC)・財団、理事長兼CEO

Pagetop