バイテク資料室 - 用語集

マーカー遺伝子(まーかーいでんし)

遺伝子組換えの際に目的とする遺伝子が導入されたかどうかを確認するための目印として一緒に組み込まれる遺伝子をいう。薬剤(カナマイシン、ハイグロマイシンなど)耐性遺伝子や除草剤耐性遺伝子が使われる。

慢性毒性(まんせいどくせい)

ある物質を長期間(1年間)繰り返し与えることによって生じる悪影響のことをいう。慢性毒性試験によって、この悪影響は調査され、同時に毒性が見られない薬量も調べられる。

メンデルの法則(めんでるのほうそく)

メンデルの提唱した遺伝現象に関する法則。一般に分離の法則、独立の法則、優劣の法則の三つがある。

  

Pagetop