遺伝子組換えは専門家により安全性が確認されています

安全性が確認されたものだけ出回っています

日本で遺伝子組換え作物の利用が始まったのは、1996年のことです。以来現在に至るまで、私たちは遺伝子組換え食品を食べ続けていますが、この間、世界的に見ても健康被害の報告はありません。これは、遺伝子組換え食品の安全性が厳しくチェックされていることの表れでもありましょう。

遺伝子組換え食品の安全性については、WHO(世界保健機関)などの国際機関が国際基準を定めており、各国の食品基準はこの国際基準とずれや矛盾がないように設定されています。日本でも、政府の食品安全委員会が、科学的に安全性を確認しています。確認作業には食物アレルギーや微生物学、植物学、農学など、医師を含む学識経験者が携わっています。
https://cbijapan.com//jpgenetic/legal/legal01

こうして安全性が確認されたものについて、厚生労働大臣が食品としての利用を認めます。私たちが口にする遺伝子組換え食品は、安全性の審査にパスしたものだけです。https://cbijapan.com//jpgenetic/legal/legal02

ほとんどの食品は“危険”?

意外に思われるかもしれませんが、リスクの全くない食品は存在しません。特に自然界にあるものには注意が必要です。日本では年に数人が食べたものによって命を落としていますが、いずれも毒キノコやフグ毒といった自然毒が原因です。ジャガイモの芽にはソラニンという猛毒成分が含まれていることも、よく知られているでしょう。また、どんな食品でも食べ過ぎればお腹をこわしますし、慌てて食べて喉をつまらせて亡くなることもあります。水がなければ人間は生きていけませんが、「水がぶ飲み大会」の参加者が「水中毒症」になり、亡くなるという事件も外国でありました。

とはいえ、一般の食品については安全性を確認するという作業をしていません。農業試験場などで作物の新品種を開発するときも、美味しさなどは追求するものの、食べても安全かどうかといった審査はしないのです。人間が長年食べ続けてきた経験から「たぶん大丈夫」と判断できるからです。

このように一般の食品では安全性の確認審査はしていない中で、遺伝子組換え食品は科学的に安全性を確認している数少ない食品なのです。このほかには、食品添加物や特定保健用食品(トクホ)も安全性を確認しています。

では、遺伝子組換え食品の安全性はどのように確認しているのでしょうか。組換えた遺伝子以外は、長年の食経験で安全性が分かっていますので、組換えた遺伝子に絞って安全性を確認します。そのうちの1つは、その遺伝子がつくるたんぱく質がアレルギーを引き起こさないかといったことの検証です。遺伝子組換え食品はこうして念入りに安全性が確認されているのです。

安全性をめぐる数々の“事件”は公的機関が否定

遺伝子組換え作物では、組換えた遺伝子がつくる新しいたんぱく質も、ほかの食物と同様に胃や腸で消化・吸収されることが確認されていて、体内に蓄積することはないと考えられています。https://cbijapan.com//qa/food/food08

それでも、遺伝子組換え食品の安全性を疑問視する報道に接した人も多いでしょう。「遺伝子組換えダイズを与えたラットの子で、死亡率の上昇や成長阻害が見られた(2005年、ロシア)」、「遺伝子組換えトウモロコシを2年間与えたラットが乳がん、脳下垂体異常、肝障害を発症した(2012年、フランス)」といったニュースは、みなさんを不安にさせたのではないでしょうか。

こうした“事件”は、後に国際的な公的科学研究機関によって実験方法の不備などが指摘され、「遺伝子組換えは危険である」という主張はすべて、科学的に証明されないことが明らかにされました。ただし、訂正された事実は日本にはあまり伝わっておらず、まだ不安を抱いている方もいらっしゃるのが残念なところです。

バイテク情報普及会へ 「遺伝子組換えでない」が気になるあなたへに戻る