よくある質問 - 食品・飼料編

質問

除草剤耐性作物の栽培に使用されるグリホサートの安全性について教えてください。

回答

世界中の安全性評価機関がグリホサートに発がん性は無く安全であると認めています。
グリホサートを有効成分とする除草剤は、40年以上に渡って世界中で使用されています。日本を含む主要国の規制当局は、すべての農薬と同様に、グリホサートに関する最新の安全性データを常に調査しており、グリホサートに発がん性がないこと、グリホサートを有効成分とする除草剤は表示どおりに使用される限り安全であると、繰り返し結論づけています。

例えば、世界保健機関 (WHO) の下部組織であり農薬安全性評価の専門機関であるFAO/WHO合同残留農薬専門家会議 (JMPR) や、日本、米国、欧州の安全性評価機関は、グリホサートの安全性について次のように結論しています。

FAO/WHO合同残留農薬専門家会議 (JMPR)
「本会議は、食事からのグリホサート暴露で、グリホサートがヒトに対して発がん性リスクを及ぼす可能性は低いとの結論に至った (2016年5月)。」

日本食品安全委員会
「神経毒性、発がん性、繁殖能に対する影響、催奇形性及び遺伝毒性は認められなかった (2016年3月)。」

米国環境保護庁 (EPA)
EPAは、グリホサートが現行のラベルの指示に従って使用された場合、ヒトの健康へのリスクはなく、グリホサートに発がん性はないと結論した (2020年1月)。」

欧州食品安全機関 (EFSA)
「EFSAは、グリホサートがヒトに対する発がん性を有する可能性は低く、EU規則の下でグリホサートを発がん性物質として分類する科学的根拠は無いと結論した (2015年11月)。」

欧州化学物質庁 (ECHA)
「ECHAリスク評価委員会 (RAC) は、入手可能な科学的根拠に基づけば、グリホサートを発がん性、変異原性、または生殖毒性を有する物質として分類するための基準は満たされないとの結論に至った (2017年3月)。」

 

他にも、ドイツ連邦リスク評価研究所 (The German Federal Institute for risk assessment、BfR) や、オーストラリアカナダニュージーランド韓国の規制当局も、グリホサートが安全であることを繰り返し確認しています。

 

 参考
グリホサートの発がん性について、世界の規制当局と国際がん研究機関 (IARC) で評価が異なるのはどうしてでしょうか。

基礎編

食品・飼料編

環境編

未来編

検証編

Pagetop