よくある質問 - 環境編

質問

除草剤の影響を受けない植物が雑草化してしまったらどうするのですか。 また、その遺伝子が雑草に移って除草剤をまいても枯れない雑草が繁殖してしまったらどうするのでしょうか。

回答

除草剤の影響を受けない遺伝子を持つ農作物とは、遺伝子組み換えによって、ある特定の除草剤をまいても枯れない性質を持たせた農作物です。それだけで生命力や繁殖力が強くなったりするわけではないので、自然環境において他の植物より優位に繁殖するということはありません。現在の作物は栽培用に開発されたもので、人が除草や潅水、施肥などをして保護しなければ、基本的には生育できません。
したがって、たとえ除草剤の影響を受けなくなっても、自然環境下ではトウモロコシやダイズが野生化してしまうことはまずありません。

また、仮に遺伝子組み換え作物とその近縁種である雑草が交雑して、除草剤で枯れないよう組換えられた遺伝子が雑草に移ってしまったとしても、ある特定の除草剤が効かなくなるというだけのことです。他の除草剤を散布すれば枯れてしまうので、その雑草が繁殖力を増して、人の手に負えなくなってしまうことはありません 。

基礎編

食品・飼料編

環境編

未来編

検証編

Pagetop