よくある質問 - 食品・飼料編

質問

遺伝子組み換え作物を使った食品は、どのように表示されますか。

回答

既に日本で食品としての安全性が審査済みの遺伝子組み換え作物が存在するすべての農作物8種類(大豆、とうもろこし、ばれいしょ、なたね、綿実、アルファルファ、てん菜、パパイヤ)および、これらを原料とする33商品群の加工食品について、遺伝子組み換え農作物を使っている、または使っている可能性がある場合は、表示が義務付けられています。また、IPハンドリング(分別流通管理)された非遺伝子組み換え農作物を使っている場合は、「表示をしない」または、任意で「組換えでない」と表示ができます。

なお、表示対象品目の33食品群に当てはまらない加工食品や、遺伝子組み換え農作物が主な原材料でない場合(重量割合で上位3位未満、かつ5%未満である場合)は、表示を省略することができます。
醤油や油は、加工の段階で遺伝子が分解、除去されるため、最終製品を調べても、遺伝子組み換え農作物を原料として使っているのか、いないのか区別することができません。よって、表示対象品目には含まれません。
検査によって、組み込んだ遺伝子や新たに作られたタンパク質が検出できる加工食品について、表示が義務付けられているのです。

<義務表示の対象品目>

食品の分類

































<農作物>8品目 a. 大豆(枝豆・大豆もやしを含む)
b. とうもろこし
c. ばれいしょ
d. なたね
e. 綿実
f. アルファルファ
g. てん菜
h. パパイヤ
<加工食品>33商品群
(組換えられたDNA又はそれによって
生じたタンパク質が残存する)
(1)豆腐・油揚げ類
(2)凍豆腐、おから及びゆば
(3)納豆
(4)豆乳類
(5)みそ
(6)大豆煮豆
(7)大豆缶詰及び大豆瓶詰め
(8)きな粉
(9)大豆いり豆
(10)上記1~9を主な原材料とするもの
(11)大豆(調理用)を主な原材料とするもの
(12)大豆粉を主な原材料とするもの
(13)大豆たん白を主な原材料とするもの
(14)枝豆を主な原材料とするもの
(15)大豆もやしを主な原材料とするもの
(16)コーンスナック菓子
(17)コーンスターチ
(18)ポップコーン
(19)冷凍とうもろこし
(20)とうもろこし缶詰及びとうもろこし瓶詰め
(21)コーンフラワーを主な原材料とするもの
(22)コーングリッツを主な原材料とするもの
(23)とうもろこし(調理用)を主な原材料とするもの
(24)上記16~20を主な原材料とするもの
(25)ポテトスナック菓子
(26)乾燥ばれいしょ
(27)冷凍ばれいしょ
(28)ばれいしょでん粉
(29)上記25?28を主な原材料とするもの
(30)ばれいしょ(調理用)を主な原材料とするもの
(31)アルファルファを主な原材料とするもの
(32)てん菜(調理用)を主な原材料とするもの
(33)パパイヤを主な原材料とするもの
従来のものと組成・栄養価などが著しく異なる遺伝子組み換え農作物及び、これを原材料とする加工食品 A. 高オレイン酸大豆、高リシンとうもろこし
B. Aを主な原材料とするもの(当該形質を有しなくなったものを除く)
C. Bを主な原材料とするもの

※2015年11月現在
参考:消費者庁ホームページ食品表示に関する共通Q&A
(第3集:遺伝子組み換え食品に関する表示について

基礎編

食品・飼料編

環境編

未来編

検証編

Pagetop