よくある質問 - 中高生から寄せられた質問

質問

ビタミンA欠乏症のためにゴールデンライスが開発されましたが、これと同じように栄養不足などの問題を解決する遺伝子組み換え食品の開発が進み、実用化が期待される食品はありますか。(2020年11月・高校生)

回答

アフリカにおける主要な食料作物であるバナナやキャッサバ、ソルガムの栄養成分を強化した遺伝子組み換え作物が、アフリカの複数の国々の研究機関で開発されています1)。栄養不足の解消とは異なりますが、日本ではスギ花粉米が開発されており、一定期間食することで、スギ花粉症の治療効果が出ることが期待されています2)

1)ISAAA. Brief 52 and 53
https://www.isaaa.org/resources/publications/briefs/default.asp
2)農研機構.食と農の未来を提案するバイオテクノロジー(2019年)
https://www.naro.go.jp/laboratory/nias/gmo/files/syokutonou2019.pdf

基礎編

食品・飼料編

環境編

未来編

検証編

中高生から寄せられた質問

Pagetop